低所得の青色申告個人事業主のブログ

開業から経験で得た情報をお知らせしていきたいと思います。

= グローバル ナビゲーション =

振込手数料分を稼ぐ CrowdWorks のアンケート案件 - LINEの登録しろ ???


[ スポンサー リンク ]

CrowdWorks では、受注額の実質22%を手数料で取られるうえに、原則振込手数料が500円かかります。(例外もあります。)

こちらも結構高いので、お手軽なアンケート案件で振込手数料分を稼ぎたいと考える方も多いと思います。

私が経験したアンケート案件の流れを簡単に紹介します。

なお、アンケート回答内容の使用目的および目的外使用をしないことの契約はいずれのケースでも行っていません。

 

 

 

クラウドワークス(CrowdWorks)

クラウドワークスにはいくつもの在宅案件があります。

金額が大きいものは異なりますが、手数料20%+消費税を取られるので、実質22%取られます

案件のなかでも簡単で、小銭稼ぎにうってつけといわれるのがアンケート案件です。

 

タスクの案件

タスクは通勤の電車内でできるくらい簡単ですが、アンケート案件なかでも単価が安いものが多く、すぐに終了してしまうことが多いです。

右上の「作業開始」ボタンをクリックしてアンケートに答えます。

f:id:ACC-DNTST:20210613155329p:plain

クラウドワークス画面

制限時間があるので、あまり中断せずに作業を完了しましょう。

人によるとは思いますが、目安時間くらいで作業が完了できるので、こちらは本当に暇な時間で小銭を稼げます。

500円稼ぐのは大変ですが、、、

 

固定報酬の案件

すべてそうではないと思いますが、私が経験した2つの案件はあまりおすすめできません

ただ、2つともちゃんとお支払いいただいていますので、納得できるのであれば固定報酬案件をするのもありです。

また、タスク案件より少しこちらのほうが報酬がよいです。

先着順のタスク案件と異なり、応募する形になりますので必ず受注できるわけではありません。とはいえ、ほとんど発注依頼となるのではないかと想像します。

受注に同意し、発注者が仮払したら作業を開始することになります。

ここからは私が経験した案件の場合の説明です。

f:id:ACC-DNTST:20210613155421p:plain

固定報酬案件の流れ

ひとつはプログラミング学習に関するアンケート、もう一つはライティングスキルに関するアンケートです。

最初に作業指示はLINEの公式アカウントに登録するように、というものです。

正確にいうと、ひとつはチャットワークに登録し、チャットワークからLINE登録しろ、という指示がきました。

チャットワークを1回かましているのは、クラウドワークスのメッセージ上にLINE登録指示をしたことを残さないためだと思います。

これがお勧めしない理由のひとつです。

LINE登録に抵抗感がある方も多いと思いますので、ここで辞退しても構わないと思います。

募集文章にはLINE登録のことが触れられていないため、LINE登録できないことを理由にして辞退しましょう。

正当な理由ですし、仮払いされた報酬はちゃんと発注者に戻ります。

ちなみに、現在はPC版専用LINEアカウントは作成できなくなっています。

 

LINEでアンケート回答するように要求される内容

LINEで、YouTubeまたはブログのURLが1日1回ずつ、どちらも17時くらいに配信されます。

まず、これを見なくてはならず、全6回から10回くらいのすべての回がノルマです。

ちなみに動画の長さは1回あたり10分から15分程度で、ブログの方は読み流す前提で5分かからない程度です。

もうひとつのお勧めしない理由が、この一定期間および一定程度の時間が必要になる点です。

回答するよう指示される内容は基本的に以下3点、

  1. 動画の感想(アドバイスや添削ではない)
  2. 動画で学べたこと
  3. 動画を聞いて今後どのように動くか

公序良俗に反する記述をした場合は検収しない、という注意はあります。

ただ、アンケート回答のフォーマットに対する指示はありません。

回答指示も、同じ案件で2点を回答するよう指示するメッセージと3点回答するよう指示するメッセージが混在したりしています。

私の予想であり断定はできないのですが、おそらく回答文は有無をチェックしているだけで内容を読んでいないと思われます。

根拠ですが

  • 回答依頼の内容が2点だったり3点だったりと固まっていないうえ、回答フォーマットの指定がない
  • LINEの自動応答メッセージ以外で、チェックした旨のLINEメッセージが届くが、定型的で回答アンケートの内容には一切触れない

まず自分がチェックする立場なら、仮に3点回答ポイントがあるとして、フォーマットを指定しないと、3点に回答しているかチェックする作業は煩雑になります。

また、今回「今後の行動」を除き、動画やブログをちゃんと見たうえで、忖度した内容だけでなく批判的な内容や疑問点の質問などもまぜて回答したのですが、それに対するメッセージは毎回同じではないものの「読みましたよ」ということを言い換えたものばかりでした。

 

 

ブログおよび動画の内容

両方とも「受講すればあなたにとっても有益ですよ」といったこともうたわれています。

小銭とはいえ報酬を受領した身ですので、内容のすべてお知らせすべきではないと思っていますが、ちょっとだけブログや動画の中身を紹介します。

共通しているのはめっちゃ稼げるということです。

案件の1つは、初心者が稼げるプログラマーになるためにはどこでプログラミングを学ぶべきか、がテーマです。

この内容で、動画にせよブログにせよ、複数回の記事を作成するのは難しいので、プログラム言語の種類や実務としてプログラミングだけでなく周辺知識も必要とかの話で膨らませると想像していたのですが、違いました。

膨らませた手法は同じような内容を繰り返すことと、雑談は言い過ぎかもしれませんがプログラミングやその周辺のことではないこと(毎回同じことでした)を書くことです。

もうひとつの案件は、クラウドワークスでライティングの仕事をしている人は単価の低い仕事に苦しんでいる人が多いが、スキルを身につければ月100万円以上稼げるという内容です。

こちらは、クラウドワークスで文字単価0.1円で苦しんでいる人が文字単価1円に引き上げたい、と思っている人が見るとだまされたと感じると思います。

最終的にすすめるのは、クラウドワークスでの受注でなく「とある」ことです。

各回の題名も、途中まで「クラウドワークス」というキーワードが何度も登場するものの「とある」ことがキーワードに登場するのは最終回だけです。

この「とある」ことで稼ぐ手法はすでにライバルが多くSEO的に勝てないので、クラウドワークスのライティングで苦しんでいる人をターゲットにしたSEOを意識しているのだとうと思われます。

 

効率的にアンケート回答を作成するには

お勧めしないとは申し上げたが、少し単価の高いこのようなアンケート案件でもやりたい方に向けて、効率的な回答の仕方を提案します。

実践していないので、おそらく大丈夫だろうという点を了承ください。

それは動画やブログはほとんど見ずに、ちょっとだけ表現を変えて同じような回答をすることです。

プログラミングスキルの案件であれば

人生を逆転成功しているのはすごいですね。

稼ぐことには興味があります。

次回も楽しみにしています。

 ライティングの案件であれば

単価の引き上げに苦労しています。

どうすれば稼げるのか、次回も楽しみです。

とかの文章を、毎回ちょっとだけ変えて書きましょう。

さきほど述べた通り、フォーマット指定がないこと内容がチェックされていないと思われるためですが、毎回全く同じ文章だと気付かれるかもしれないので、少しだけ文言を変えるほうがいいと思います。

ちなみに、最終回で「次回も楽しみ」はおかしいでしょう、と思う方もいると思いますが、大丈夫です。

アンケート作成対象としては最終回なのですが、その先があるので。

 

すべてを見終えたら

すべての回とクラウドワークスのアカウントをLINEで報告することが検収条件ですので、確認しましょう。

次はクラウドワークス上で「検収依頼」をします。

当日から2日後に検収されて報酬を受け取れました。

ところでLINEサイドですが、ご想像のとおり有償商材のご案内がきます。

ブロックして構わないといっていますので、とっととブロックして大丈夫です。

記事としてはここまでです。

ここからは、題名と関係ないですが有償商材に興味がある方に向けてちょっと雑談です。

 

有料商材に興味をもたれた方に

コロナ禍で経済的に困窮してこの有償商材に興味をもったあなたは、正常な判断ができない心理状態の可能性があります。

私は新規ビジネスは1勝9敗でいいと思いますが、9敗のひとつのつもりで手を出すなら反対しませんが、どうしても必要な1勝をこの商材にかけるのはリスクが大きすぎます。

有名な話ですが、Jリーグくじの詐欺のお話を紹介します。

Jリーグくじについてあまり知らないのと事件の詳細は忘れたので、架空くじの脚色した話として読んでください。

Jリーグくじは、毎週行われる全試合の結果を予想して当てるくじで、ホームチームが勝つか、負けるか、引き分けるかの三者択一で各試合の結果を予想します。

14試合すべての結果を的中させると一等賞になり、当選金は1億超になることもあります。

あるとき、うさんくさいメールがきます。

メール文面

私は長年の研究により95%以上の確率で、Jリーグの試合結果を予想できます。

あなただけに特別に予想をxx万円でご提供します。

とはいえ、必ず的中できるわけがないとお思いでしょう。

そこで実際に的中できることを証明すため、今週から4週間予想をお知らせします。

ただし、すべての結果を教えるわけにはいかないので、毎週1試合の予想をお伝えします。

4週すべて予想的中をご確認いただいたあとで、ご購入方法をご案内します。

4週後にきっと100%的中の結果に驚かれることでしょう。

そして、予想メールは必ず試合前日早朝に送信されて言葉通り4週すべて的中していました。

1回2回なら偶然的中するだろうが、4回すべて当たるなんで偶然とは思えない

これは本物だと思い購入したが、その予想は詐欺でした。

この詐欺のからくりは、不特定多数の大量のメールアドレスに、1/3は「ホームチームが勝つ」という予想を、1/3は「ホームチームが負ける」という予想を、1/3は「引き分ける」という予想を送信していたのでした。

翌週は、はずれた結果のメールアドレスへの送信はやめて、当たったメールアドレスのうちまた1/3ずつの予想パターンのメールを送信します。

そうすると全体の1/81のメールアドレスには4週すべての結果が的中したメールが届く、というわけです。

この詐欺は実際に的中することを証明(したように)してみせているので、通常の判断能力がある状態でもだまわれてしまうような狡猾な詐欺です。

(3パターンの予想がメールで送られていることが他人との会話はSNSでばれてしまう確率も高いですが、、、)

しかし、この商材は必ず稼げることを証明していませんし、本当はそんなに稼いでいないのではないかと思える点がいくつかあります。

もちろんこれが詐欺商材だと断定できるものは何もないですが、かりにこの商材が本物だとしても成功する確率は高くありません。

コンサルタントの知り合いが「クライアントのお困りごとは100%解決してきたが、自分のノウハウを盗み成功したといえる人は数パーセントしかいない。どれだけコンサルティングの仕事をしても、仕事がなくなることは決してない」と話していました。

手取り足取り教えるコンサルティングですらそうなら、商材で成功できる人はどれくらいいるでしょうか。

ぜひ冷静に判断してください。

 


ご質問は下の 「コメントを書く」 からお願いします。