低所得の青色申告個人事業主のブログ

開業から経験で得た情報をお知らせしていきたいと思います。

= グローバル ナビゲーション =

auの3G停波に伴う機種変更で iPhone SE (第2世代) を一括0円購入できました


[ スポンサー リンク ]

他社に先駆けてau の 3G携帯電話(CDMA 1X WIN)いわゆるガラケーのサービスが2022年3月停止されます。

auショップで機種変更手続きをしてきましたので、リポートします。

 

 

 

2年縛りの違約金

当初auで機種変更せず、Rakutenモバイルに移ろうかと思っていました。

私はすでにMVNO格安SIM)でスマホを使っていましたが、データ使用料は月500MBを超えることはあまりないライトユーザーです。

そのため、デメリットもあるようですがコストを考えると高いキャリアにとどまる必要はないと考えました。

それにも関わらず au での機種変更を選択したのにはいくつか理由がありますが、その一つが「2年契約」の違約金です。

2年縛りの割引を受けている場合、更新期間以外に解約した場合は違約金、正確には契約解除料がかかるのですが、これには1,100円(税込み)と10,450円(税込み)の2種類があります。

私の場合、違約金が10,450円と高額でした。

ちなみに、何も手続きをせずに2022年4月を迎えた場合は自動解約となり違約金は発生しませんが、MNPもできなくなります。

 

iPhone SE (第2世代) を無料交換

そしてもうひとつの理由が、iPhoneを無料でもらえることでした。

ガラケーからの無料機種交換についてのauのページです。

www.au.com

auガラケーなどからの機種変更だけでなく、他社のガラケー契約者がMNPする場合も無料です。

機種変更に伴う事務手数料も無料です。

ガラケーと同じ折りたたみ型の機種も対象にありますが、スマホに限定して話します。

手続きは電話かauショップでできます。ネットでの手続きはできません

このページには iPhone SE (第2世代) 64GB は対象記載されていません。

しかし、私が訪れたauショップでは無料交換できる機種でした。

逆に Redmi Note10 JE はこのページでもショップでも対象ですが、ページでは対象だった Galaxy A21 とOPPO A54 はショップではないとのことです。

BASIO4 はおそらくショップでも対象だったと思うのですが、私がかんたん携帯はいらないと最初に伝えたのですすめられなかったので、分かりません。

 arrows We は当時このページでも対象になかったので分かりません。

このページに欲しい機種がない場合はauショップで手続きすると欲しい機種が見つかるかもしれません。

なお、私が訪れたauショップでは iPhone SE (第2世代) 64GB の赤はなく、白か黒の選択だったのですが、具体的な対象機種は それぞれのauショップで異なる 可能性があるので、電話で対象機種を確認することをおすすめします。

auショップに行く場合、予約して運転免許証などの身分証明書をもって行くようにしましょう。

なお、交換できる iPhone SE (第2世代) 64GB について注意点があります

2年後に返さなくてはいけないとか、実際は購入する必要があり購入相当額を後日ポイント付与するなどの落とし穴はありません。

ただ、アクセサリーは SIMピン と Lightning & USB Type C のケーブルしかなく、ほとんど付属品がない、ということです。

f:id:ACC-DNTST:20220106131049j:plain

無料交換の iPhone SE と付属品

そのため、窓口では Type C の電源アダプタ(コンセント)を持っているか確認され、持っていない場合購入をすすめられると思います。

なお、イヤホンジャックもないため、イヤホンを使いたい場合はワイヤレスイヤホンか端子がLightningのイヤホンが必要になります。

またワイヤレス充電をしたい場合はその機器も必要になる、などきりがないのでここまでにします。

私は、PCからも充電できる Lightning & USB Type A のケーブルなどのアクセサリーを100円ショップや家電量販店で購入しましたが、アクセサリーを持っていない人は別途出費が発生するので、ご注意ください。

なお、ケースや保護フィルムを購入する場合 iPhone SE の第1世代のものではサイズが違うので注意してください。

iPhone 7/8 用はサイズが同じなので、第2世代のものにも使えます

iPhone SE指紋認証に対応し高性能のプロセッサを搭載しているため、おすすめです。

『Lenszero』ではワンデーアキュビューモイスト4箱セットに300円の割引きクーポン付き

 

専用の料金プラン - スマホスタートプラン(フラット)

ガラケーからの機種変更した契約者専用のスマホ料金プランが用意されています。

www.au.com

この料金プランは、高速通信のデータ容量は3GB/月(超えた場合は低速通信)、5分までの国内通話であれば何回でも無料(5分超に対しては別途通話料がかかる)、SMS(ガラケーでいうところのCメール)の送信は有料です。

詳細はあとで説明しますが、料金は 2,288円(税込み) です。

3GB/月では収まらない方は別として、すでにauスマホ契約している方の中には自分も申し込みたいという人がいるほど魅力的なプランですが、申し込める対象者は限られます

なお、U22データ増量キャンペーンについては上記で紹介したページでご確認ください。

さらにキャンペーンなどの割引があります。(2021年12月時点で、契約されるこのプランに対しては2年縛りはありません。)

au PAY カードお支払い割

支払いを au PAY カード というクレジットカードにしている場合、 110円(税込み) 割引になります。

なお、「My au」の "料金割引サービス" 上には、前月に適用されていると表示されます。

スマホスタート1年割

翌月から1年間、 1,188円(税込み) 割引になります。

2ヶ月無料キャンペーン

翌月から2ヶ月間無料になります。ただし、

  • 対象者は機種変更するau契約者のみ
  • 2022年1月16日で終了予定(2月や3月は忙しいので1月中に機種交換してね、ということなんでしょう)

これらの割引を「 au PAY カードお支払い割」を除いて適用し、かつオプションなどを何も追加しない場合の料金推移シミュレーションになります。

1ヶ月目 日割りの料金(キャンペーン割引は適用対象外
2ヶ月目~3か月目 2円(税込み)
4ヶ月目~13か月目 1,102円(税込み)
14か月目以降 2,290円(税込み)

無料といいつつ微妙に料金が発生しているのはユニバーサルサービス料だそうです。

au PAY カードお支払い割」が適用された場合でもこの料金は発生します。

なお、「別途、電話リレーサービスの請求が発生します」と記載されているので、実際の請求額とは若干ずれるかもしれません。

----------

2022/2/7 追記

現時点で「2ヶ月無料キャンペーン」受付は終了していますが、訂正があります。

2ヶ月目から適用されると説明しましたが、実際は2ヶ月目ほぼ説明の4ヶ月目~と同じ金額が請求されました。

「0077-7027」に電話して確認しましたが、2ヶ月目から1年割は適用されるが無料キャンペーンは3か月目から適用される、と説明されました。

ただ、auショップでもウェブページ上での先の説明のため、本文を訂正せず追記します。

----------

スマホの補償・保険をつけたり、かけ放題のオプションをつけたり、何かプラスアルファして契約したい場合もあるかと思いますが、契約時は一度オプションはすべて外して上記紹介ページに記載の料金になるか確認したうえで、そこからオプション追加したほうがいいと思います。

私は何度かauショップに行って話を聞いてから契約したのですが、担当者によっては見積もりがページ記載の金額にならずやり直してもらったことがあるので、念のため割引がきちっと反映されていることを確認したほうがいいでしょう。

途中から割引がなくなり高くなっていきますが、2年縛りがなくなったとはいえ、iPhoneだけもらって早々に解約するとブラックリストにのるとの話もあるようです。

docomoからahamoへ乗り換える場合は問題ないようですが、au系の povo や UQモバイル へ乗り換えるのはどうなんでしょうね。

 


 

ご質問は下の 「コメントを書く」 からお願いします。