低所得の青色申告個人事業主のブログ

開業から経験で得た情報をお知らせしていきたいと思います。

= グローバル ナビゲーション =

指定席券売機で乗車券のみを購入する手順


[ スポンサー リンク ]

Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています

普通に券売機で切符を買えないケースがあります。

  • 長距離などのため、目的駅が候補に表示されない
  • 海外旅行保険のために、クレジットカードで支払いたい

上記のケースでは、指定席券売機で購入できるので、手順をご紹介します。

 

 

指定席券売機イメージ

前提として、東京都区内から明石まで往復の乗車券を購入する、というシナリオの操作です。

事前購入できますが、1ヶ月以内を目安に使用するように購入しましょう。

 

 

 

 

みどりの窓口での購入

券売機での購入といいながら、まずみどりの窓口での購入の説明です。

指定席券売機で乗車券を購入することによる割引はありません

金額の差異はないので、みどりの窓口で購入するのが便利な場合もあると思います。

シナリオの通りだとこのような書類記載例になります。

なお、往復割引には10日以内に往復することが必要なので、往復に10日以上かかる場合は片道で購入しましょう。

近距離の場合、みどりの窓口でクレジットカード購入しようとすると嫌がられるかもしれませんが、その場合は指定席券売機で購入しましょう。

 

 

指定席券売機で購入(経路検索)

指定席券売機で購入する手順ですが、ついでに乗るべき新幹線や特急が何か調べたい場合はこの手順でも購入できます。

その必要がない場合は次に紹介する手順の方が手間が少ないです。

画面イメージを紹介しながら説明します。

乗換案内から購入

乗換案内から購入」を選択します。

条件を指定する

表示された画面で、「出発駅」、「到着駅」、「利用日時」、「人数」などを指定します。

条件を設定したら「検索」を押します。

検索結果

条件による検索結果が表示されます。

この画面で、新幹線や特急を確認しましょう。

購入したいのは乗車券のみなので、このシナリオでは金額が同じなら検査結果のどれを選んでも構いません。

選択」を押します。

きっぷ種類を選択する

乗車券のみ購入」を押します。

乗車券の種類を選択する

往復乗車券の「選択」を押します。

往復割引の適用は10日内に往復する場合に限られますので、それより長い場合は片道にしましょう。

入力内容を確認する

入力内容を確認します。

問題なければ、「確認」を押します。

支払画面

金額が表示されます。

条件を満たしていれば往復割引が適用された金額が表示されるはずです。

金額がおかしい場合は取り消して、再度入力し直しましょう。

クレジットカードで支払うこともできます。

 

 

指定席券売機(乗車券/買いまちがい払いもどし)

単に乗車券のみを購入したい場合の手順を画面イメージを交えて説明します。

乗車券 株主優待 買いまちがい払いもどし

分かりにくいですが、画面下の小さなボタンですが、「乗車券 株主優待 買いまちがい払いもどし」を押します。

きっぷの種類を選択する

乗車券」を押します。

乗車日を指定する

乗車日(往路)を指定します。

人数を指定する

人数を指定します。

列車の種類を指定する

新幹線や特急などを利用するかどうかを選択します。

このシナリオではどちらを選択しても結果として同じ乗車券になりますが、場合によっては不正な乗車券になるかもしれないので、適当な方を選択しましょう。

ここからは、新幹線や特急を選択した場合と普通列車を選択した場合、それぞれの画面遷移イメージを説明します。

 

特急(新幹線または在来線)等を利用する

「特急(新幹線または在来線)等を利用する」を選択した場合です。

乗車券の出発駅を指定する

乗車券出発駅を指定します。

特急などの出発駅を指定する

新幹線や特急など乗車駅を入力して、指定します。

このシナリオだと「とうき」と入力して「東京」を指定します。

特急等の種類を選択する

乗車予定の新幹線や特急等の種類選択します。

このシナリオでは新幹線を選択しているとして、画面遷移イメージを続けます。

新幹線や特急等で降車する駅を選択する

新幹線や特急等で降車する駅を指定します。

このシナリオでは「新大阪」を指定して画面遷移イメージを続けます。

乗り換え先を指定する

新大阪で新幹線を降車してから、在来線に乗り継ぎせずに下車する特急も含めた在来線に乗り換えるかを指定します。

このシナリオでは「普通列車に乗り換える」を選択します。

乗車券の下車駅を入力する

どこまでの乗車券を購入するのか、ここで入力します。

このシナリオだと「あかし」と入力して「明石」を指定します。

経路選択

複数経路がある場合は、表示された経路の中から選択します。

乗車券の種類を選択する

往復乗車券の「選択」を押します。

往復割引の適用は10日内に往復する場合に限られますので、それより長い場合は片道にしましょう。

入力内容を確認する

入力内容を確認します。

問題なければ、「確認」を押します。

支払画面

金額が表示されます。

条件を満たしていれば往復割引が適用された金額が表示されるはずです。

金額がおかしい場合は取り消して、再度入力し直しましょう。

クレジットカードで支払うこともできます。

 

 

普通列車のみ利用する

普通列車のみ利用する」を選択した場合です。

乗車券の出発駅を指定する

乗車券出発駅を指定します。

乗車券の下車駅を入力する

どこまでの乗車券を購入するのか、ここで入力します。

このシナリオだと「あかし」と入力して「明石」を指定します。

経路選択

複数経路がある場合は、表示された経路の中から選択します。

乗車券の種類を選択する

往復乗車券の「選択」を押します。

往復割引の適用は10日内に往復する場合に限られますので、それより長い場合は片道にしましょう。

入力内容を確認する

入力内容を確認します。

問題なければ、「確認」を押します。

支払画面

金額が表示されます。

条件を満たしていれば往復割引が適用された金額が表示されるはずです。

金額がおかしい場合は取り消して、再度入力し直しましょう。

クレジットカードで支払うこともできます。